Full Zirconia (Monolithic Zirconia)



ご要望に応じて、数種のモノリシックジルコニアクラウンをご用意しております。

フルジルコニアに関するお問い合わせは
teinesha@me.com

フルジルコニアクラウンに、築盛クラウン並の審美性を求める「フルシンビクラウン」

従来のフルジルコニアクラウンといえば、築盛クラウンに比べ、色はソコソコ、強度的利点だけで採用されていた症例も多いかと思います。
株式会社ていね社のフルジルコニアクラウンの最高峰「フルシンビクラウン」は独自加工により、築盛クラウンに匹敵する審美性を持っています。
強度的にもオールマイティで、前歯から臼歯まで対応、インプラント症例にも最適です。
製作にあたり、材料の選択・色素の浸透・表面へのステイン等、築盛クラウン以上に手間をかけて製作されています。
精密な完成品を目指すには、チェアーサイドからの精密な色調画像が必要となります。
まさに、歯科医師と歯科技工士の協力の元に製作される、究極の補綴物と言えるでしょう。

CAD/CAMで平凡な仕上がりに表面ステインした物とは、一線を画す高いレベルの仕上がりを求める症例にお勧めいたします。

天然歯と同等の蛍光性を持ちます

天然歯は蛍光性を持っており、それを模倣する事は補綴物にとって非常に難しいことです
従来陶材やレジン素材に蛍光性を持たせる事により、少しでも天然歯に近づけようと工夫がされて参りましたが、「フルシンビクラウン」はジルコニア素材そのものに蛍光性を持たせる事が出来ます。この特性により、ジルコニア独特の色調の浮き上がり感や、ギラギラとした光沢が軽減され、より天然歯に近い質感のクラウンを製作出来る様になりました。

グラデーションジルコニア

メーカー既成のグラデーションDISKから削り出したジルコニアクラウンです。

精密な色合わせが不要である症例、主に大臼歯等に用いることで、品質とコストのバランスを保ちます。咬合面方向の曲げ強度は少し劣りますので、インプラントにはお勧めいたしません。

フルジルコニアに関するお問い合わせは
teinesha@me.com